log osaka web magazine index
遊びながらアニメーションのしくみが学べるワークショップ

+ art school
art school は現代における芸術の役割を見直し、「芸術と社会の生きた関係」を再構成するという主旨で展開してきたBreaker Projectの2年間の蓄積をもとに、子ども向け映像ワークショップを中心に行うアウトリーチ事業です。ここでは、子どもが日常生活の延長線上で芸術と出会い、創造活動に参加することで新たな価値観を学び、豊かな創造力を育む場を創出すると同時に、芸術家およびスタッフのワークショップスキルを高め、質の高い芸術教育プログラムの開発、実践を行います。サポートスタッフ募集中□問い合わせ:ブレーカープロジェクト実行委員会tel 080-6172-8667info@breakerproject.net□主催:新世界ブレーカープロジェクト実行委員会/大阪市/(財)大阪都市協会□助成:(財)地域創造□企画:雨森 信breaker


ワークショップレポート 児童館



 
  児童館に通う小学生(1年生〜6年生)を対象に行ったワークショップでは、2チーム(12〜13人)に分かれてアニメーションのしくみを学んだあと、学年ごと(2人〜5人)、8チームに分かれて、ストーリーを考えアニメーション作りにチャレンジしました。
 
下記をクリックしていただきますとアニメーションがご覧いただけます。ご覧いただくまでに時間がかかる場合があります。作品 18.4MB 作品 29.3MB 作品 312.6MB 作品 410.2MB 作品 517.3MB 作品 610.3MB 作品 717.7MB 作品 810.5MBワークショップの様子(1日目)
 

 
 

 
 

 
中庭では、飛んだり跳ねたり、体を動かして一コマずつ撮影。
 

 
 

 
 

 
教室の中では手作りの棚に、それぞれが選んだ児童館のおもちゃを登場させて動かします。ワークショップの様子(2日目)
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
それぞれのチームに分かれて、アニメーションの内容を考えます。どこで何を登場させてどんなストーリーにするのか?3年生以上は絵コンテを描きながら考えました。いつも遊んでいるおもちゃを使ったり、児童館の好きな場所をそれぞれのチームで選んで撮影。ときどきケンカもありましたが、全チームアニメーションを完成させました。写真撮影:仲川あい

page 1
TOP > art school > > ワークショップレポート 児童館
Copyright (c) log All Rights Reserved.