log osaka web magazine index
官民一体となり取組む非営利上映活動。

+ コミュニティシネマセンター大阪
主催:コミュニティシネマセンター大阪、(財)大阪都市協会


映画連続講座vol.4

映画連続講座vol.4〜日本映画を関西から〜 2004年から始まった「映画連続講座」を今年も開催いたします。この講座は、豊かな映画・映像環境を創造するための「コミュニティシネマ大阪」活動(「コミュニティシネマセンター大阪」より改名いたしました)の一環として、映画文化への理解を深め、明日を担う人材の育成を目ざすなど、関西の映像文化の活性化を図ることを目的とし、映画に興味を持つすべての人たちを対象に開講します。講師は、昨年『天才監督 木下惠介』を出版し、映画にも造詣の深い直木賞受賞作家の長部日出雄さん、現在も精力的に活躍されている関西唯一の現役弁士・井上陽一さん、日本屈指の映画技術者集団だった大映京都の名キャメラマン・森田富士郎さん、昨年『埋もれ木』を発表され寡作ながら内外から高く評価されている小栗康平監督、大阪芸術大学で教鞭をとられ、関西を拠点に活躍されている常連の大森一樹監督。これらの講師が、自作(または選りすぐりの一本)を上映しながら熱弁をふるわれ、受講者との意見交換も行います。 映画を志す人はもとより、映画への理解をより深めたい皆様、(財)大阪都市協会での最後の映画講座にぜひご参加ください。■スケジュール/2006年7月29日(土)〜12月9日(土)全5回7月29日(土)pm.2:00「木下惠介の世界」講師…長部日出雄………作家8月26日(土)pm.2:00                          「ああ、懐かしの活弁」講師…井上陽一………弁士9月16日(土)pm.2:00「映画の視点」講師…森田富士郎………撮影監督10月21日(土)pm.2:00〈予定〉「映画の虚実」講師…小栗康平………映画監督※7月末にDVDが発売される『埋もれ木』をあらかじめご覧ください。12月9日(土)pm.2:00 「日本映画を関西から」講師…大森一樹………映画監督・大阪芸術大学教授※スケジュール等々におきまして、やむをえない事由により変更する場合もございます。あらかじめご了承ください。■会場/(財)大阪都市協会・会議室(地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」1番出口上がる、船場センタービル2号館2F) 〒541-0055 大阪市中央区船場中央1-3-2-209 ■料金/全5回通し券6000円/1回券1500円(先着順・70名)■お問い合わせ・予約先/TEL 06(6261)3563コミュニティシネマ大阪実行委員会〈(財)大阪都市協会内〉(担当:小林・高見)電話でお申し込みください(当日可)。参加料は受講当日にお支払いいただきます。 ■主催/コミュニティシネマ大阪実行委員会、(財)大阪都市協会■協力/コミュニティシネマ支援センター、(財)国際文化交流推進協会(エース・ジャパン)■講師略歴 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■長部日出雄(作家)1934年、青森県生まれ。早稲田大学文学部に入学し、57年「週刊読売」の記者、その後退職し映画評論家から小説家となる。『津軽じょんがら節』と『津軽世去れ節』により直木賞(73年)、『鬼が来た 棟方志功伝』により芸術選奨文部大臣賞(79年)、『桜桃とキリスト もう一つの太宰治伝』で大佛次郎賞、和辻哲郎文化賞を受賞(02年)。映画の分野では原作・脚本・監督で『夢の祭り』(89年)を製作。また、『映画監督』(新潮社)、『映画が好きな君は素敵だ』(集英社文庫)や、昨年は『天才監督 木下惠介』(新潮社)を上梓している。井上陽一(弁士) 1938年、姫路市生まれ。浜星波に師事。60年から活動写真弁士として活躍。79年に法務大臣賞受賞。92年「ありがとう浜村淳です」(MBSラジオ)に出演以来、テレビ・ラジオに出演。02年「OSAKA映像フェスティバル」では中之島中央公会堂で阪東妻三郎の『雄呂血』、04年の東京国際映画祭では田中絹代の『恋の花咲く 伊豆の踊子』、同年の京都映画祭では『特急三百哩』『からくり蝶』を名調子で活弁するなど、各地の映画祭等で活躍。「弁士こそが生きがいです。これからもお客さんの喜ぶ顔を思い浮かべながら、大好きな銀幕に語りかけてゆきます」と語る関西唯一の現役弁士。                                        森田富士郎(撮影監督)1927年、京都府生まれ、47年大映京都入社、62年『山男の歌』でデビュー。『大魔神』(66年)により三浦賞受賞。大映倒産後フリーとなり、映像京都設立に参加。今日まで撮影した映画は60本以上。勝新太郎や市川雷蔵主演作の数々を撮影、また女優陣からも大変な信頼を受けるなど、日本映画界屈指のキャメラマンである。『陽睴楼』(83年)で日本アカデミー賞撮影賞。他に『金閣寺』(76年)、『序の舞』(84年)、『利休』(89年)、『藏』(95年)など。小栗康平(映画監督)1945年、群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、フリーの助監督として浦山桐郎、篠田正浩監督らにつく。81年『泥の河』で監督デビュー。大阪・安治川の河口を舞台に、少年たちのひと夏の出会いと別れを描き、数々の映画賞を独占。その後も『伽倻子のために』(84年)、カンヌ国際映画祭で2つの賞を受賞した島尾敏雄原作の『死の棘』(90年)、『眠る男』(96年)、そして昨年は9年ぶりとなる新作『埋もれ木』を発表するなど、寡作ながら内外から高く評価されている。著書に『哀切と痛切』『見ること、在ること』(ともに平凡社)など。大森一樹(映画監督・大阪芸術大学教授)1952年、大阪市生まれ。75年、京都府立医大在学中に撮った16ミリの自主製作映画『暗くなるまで待てない!』で注目される。77年、第3回城戸賞を受賞した『オレンジロード急行』でメジャー映画監督デビュー。主な作品に『ヒポクラテスたち』(80年)、『恋する女たち』(86年)、『ゴジラVSビオランテ』(89年)、『わが心の銀河鉄道〜宮沢賢治物語』(96年)、『ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説』(00年)、今年の東宝のお正月映画『劇場版・超星艦隊セイザーX〜戦え! 星の戦士たち』など。関西での映画製作や新しい才能の発掘・育成に取り組んでいる。 コミュニティシネマ大阪実行委員会《(財)大阪都市協会内》(地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」1番出口上がる、船場センタービル2号館2F) 〒541-0055 大阪市中央区船場中央1-3-2-209    TEL 06-6261-3563お客様の個人情報は、コミュニティシネマ大阪実行委員会主催事業のご案内以外の目的で、使用することはありません。

page 1
TOP > コミュニティーシネマセンター大阪 > 平成18年度 > 映画連続講座vol.4
Copyright (c) log All Rights Reserved.