log osaka web magazine index
日々是ダンス。踊る心と体から無節操に→をのばした読み物
文・写真
+ dance+編集委員会
dance+とはダンスを楽しむ研究サークル。情報編集のほか、ドキュメント、ビデオ鑑賞会などをとおして、ダンスと地域、ダンスと生活をつなぎます。- 古後奈緒子(メガネ)窓口担当。守備範囲は前後100年ほど。- 森本万紀子エンタメ担当。- 森本アリ音楽家/ガラス職人/グラフィックデザイナー/DJ/家具職人/映画助監督/大家/自治会会長/NPOスタッフなど。- 神澤真理 NEW!日常の中にある「おもしろそう」を発掘中。記事へのご意見、ご感想、上記活動への参加に関心をお持ちの方はこちらへ→  danceplus@gmail.com


2008年11月号 『2001年壺中の旅』レビュー他

 ■ INDEX ■  01   《 インフォメーション 》注目の公演情報(開催中〜12月31日)  02    生きた舞踏に出会う旅 text: 亀田恵子 03-04  ダンスと都市の交差点 text: メガネ---------------------------------------------------------------------------------------------  ■ information ■ 岩下徹ソロダンス公演『放下21』12月3日(水)19:00 @京都芸術センター/講堂(京都)料金:2500円(一般)、1000円(学生&25歳以下) ※介助の必要な障碍者の介助者は無料http://www.iwashitatoru.com/performance.htmlなにわ橋駅!ダンスサーカス 12月6日(土)18:00、20:00、7日(日)16:00、18:00 @京阪電車中之島線「なにわ橋駅」/アートエリアB1[ビーワン](大阪)6日=ウミ下着 、宮原一枝×白水マサキ 、f/p 、吾妻 琳 、FUPRO-ject7日=半熟目玉盲点観光ガイド 、真島淳太 、南弓子 、宮北裕美 、今貂子+綺羅座料金:両日とも無料(要予約)http://www.db-dancebox.org/fl_sc/sc_p/sc_p_0812_circus.htmまだ見ぬダンスにドキドキワクワク…。このダンスサーカスでは、一度にたくさんのアーティストと出会うことができる。しかも、まだほとんど名を知られていない新人だって少なくない。そりゃ中には、まったく心動かされない作品だってあるかもしれない。でもたまに凄い作品があって仰天する。なにか本当にサーカスや、もっと言えば昔の見世物小屋を覗くようなワクワク感が支配する世界だ。ウミ下着って何だ? 半熟目玉って何だ? 未知との遭遇を楽しみたい貴方にオススメ。(by cannon26 毛利臣男芸術監督プログラム2008 「モーリ・ファッション・インスタレーション featuring GUT'S DYNAMITE CABARETS」12月7日(日)15:00 @京都芸術劇場 春秋座(京都)料金:無料 ※要事前申込http://www.k-pac.org/theatre/koen/2008/sy081207/top.html「踊りに行くぜ!!」vol.9今号でお伝えするとおり、各地でかなりの盛り上がりを見せています。12月12日まで、 茅野 佐世保 広島 宮崎 栗東 豊岡 にて。最終日の12月12日(金) には、栗東芸術文化会館さきら(滋賀)と豊岡市民プラザ(兵庫)の2カ所で公演があります。是非お見逃しなく!栗東=さきらダンス道場、チョン・ヨンドウ、室伏鴻、山賀ざくろ×泉太郎豊岡=近藤良平、j.a.m.Dance Theatre、鈴木清貴×藤田拓也*他、地元枠2作品を予定http://odorini.jcdn.org/演劇計画2008リーディング公演12月13日(土)- 14日(日)@京都芸術センター/フリースペース(京都)12月13日(土)14:00、14日(日)18:00 筒井潤(dracom)×『小説家 裘甫(クボ)氏と京城の人々』(ソン・ギウン/韓国) 12月13日(土)18:00、14日(日)14:00三浦基(地点)×『チェンチ一族』(アントナン・アルトー/フランス)料金:1000円(前売・当日共)、A・B共通券1500円(前売・予約のみ)http://www.tp-kac.com/KAC_TP_j_miura.html空也踊躍念仏12月13日(土)- 12月31日(水)@六波羅蜜寺(京都)年の瀬の京都。薄暗いお堂の中で、お坊さんたちが独特の念仏とともに踊り回る。弾圧の時代をかいくぐって現代に伝えられており、またの名を「かくれ念仏」とも。まさしく秘儀である。とはいえ、最初にマイクを持ったお坊さんによる楽しい解説付き。今年1年の罪業消滅と新年の多幸を祈って、私たちも一緒になって「モーダーナンマイトー」とお念仏を唱える。秘儀のあとにはご本尊に焼香をあげられます。今年1年の罪滅ぼしをしたい貴方にオススメ。(by cannon26 アートコンプレックス1928九周年記念 コンドルズ京都スペシャル公演第十弾!!『2009年アインシュタイン』12月21日(日) – 23日(祝・火) @アートコンプレックス1928 (京都)料金:4000円(一般前売)、4500円(一般当日)、3000円(学生前売)、3500円(学生当日)http://www.artcomplex.net/ac1928/sche/index.php?blogid=5&archive=2008-12-21ダンスのビデオ上映会「タンツ ダンス1」12月20日(土)、21日(日)ともに10:30- @兵庫県立美術館(兵庫)料金:無料http://jonen.txt-nifty.com/dnp/2008/11/post-9efa.htmlMonochrome Circus掌編ダンス集 国内ツアー2008-2009京都公演Aプログラム『水の家』『きざはし』『蝿の誕生』Bプログラム『最後の微笑』『怪物』『朱鷺によせる哀歌』12月25日(木)- 28日(日)@アトリエ劇研(京都)料金 2500円(一般前売)、2800円(一般当日)、2300円(学生前売)、2500円(学生当日)、3500円(A/Bプログラム通し券前売)http://www.monochromecircus.com/08tour/index.html短いダンスが面白い。文芸に短歌や俳句があるように、ダンスにも短い作品があっていい。とはいえ、コンペに出したり、公演を行ったりという事を考えると、どうしても作品の上演時間は一定の範囲内に限られてくる。そんな中、短いものでわずか5分(!)というような「掌編」レパートリーを積み重ねてきたMonochrome Circusが、このたびその作品群を一挙上演。類まれな文学性(詩情にユーモア、そして性癖)に彩られた極上のひととき。余韻がまた格別です。長いと退屈してしまう貴方にオススメ。(by cannon26 『気色あり keshiki-ari』 [Four artists collaboration work]12月27日(土)14:00、19:00 @ 毎日新聞京都ビル7階ホール(京都)振付・ダンス:野田まどか、キム・ウォン、黒子沙菜恵 音楽:宮嶋哉行料金:2000円(予約・当日共)ご予約・お問合せ:Tel. 090-9546-5726 e-mail isle-no-ko@live.jp*電話またはメールでのご予約のみとなります。ご予約の際は下記の必要事項をお伝え下さい。1.お名前 2.時間 3.枚数 4.連絡先 メールでのご予約の際は、件名を「けしきあり予約」としてお申し込み下さい。川崎歩×山下残 アトリエパフォーマンス「LIVESOUTH vol.1』12月28日(日)15:00 @山下残アトリエ(京都)料金:800円(予約制/限定30名・当日清算)12月25日までにお名前、人数を明記して下記のメールアドレスまでご覧ください。 livesouth@hotmail.co.jp 〜ヨーロッパ企画10周年記念〜カウントダウン公演2008-2009『BOYS MEET GIRLS』12月31日(水)21:30 @シアターBRAVA!(大阪)料金:3900円http://www.europe-kikaku.com/projects/countdown/main.htm☆ ワークショップ情報 ☆Monochrome Circus Company Workshop 200810月3日 - 12月16日@滋賀会館(滋賀)http://www.monochromecircus.com/mccw/index.htmlココロからだンス ワークショップナビゲーター:佐藤健太郎12月8日(月)- 2009年3月19日(木)@京都東山青少年活動センターhttp://www.jade.dti.ne.jp/~fromeast/HigashiyamaSite/top.html

page 1 2 3 4 next >>
TOP > dance+ > > 2008年11月号 『2001年壺中の旅』レビュー他
Copyright (c) log All Rights Reserved.