log osaka web magazine index
遊びながらアニメーションのしくみが学べるワークショップ

+ art school
art school は現代における芸術の役割を見直し、「芸術と社会の生きた関係」を再構成するという主旨で展開してきたBreaker Projectの2年間の蓄積をもとに、子ども向け映像ワークショップを中心に行うアウトリーチ事業です。ここでは、子どもが日常生活の延長線上で芸術と出会い、創造活動に参加することで新たな価値観を学び、豊かな創造力を育む場を創出すると同時に、芸術家およびスタッフのワークショップスキルを高め、質の高い芸術教育プログラムの開発、実践を行います。サポートスタッフ募集中□問い合わせ:ブレーカープロジェクト実行委員会tel 080-6172-8667info@breakerproject.net□主催:新世界ブレーカープロジェクト実行委員会/大阪市/(財)大阪都市協会□助成:(財)地域創造□企画:雨森 信breaker


ワークショップレポート プラレール



 
  小学校の体育館全体をキャンバスに、子どもたち(約60名)がプラレールで巨大な宇宙の植物を描きました。体育館の真ん中に植えられた種(プラレール製)から、根が生え、芽が伸びていく様子(午前の部と午後の部合わせて約1分半/12MB)がアニメーションでご覧いただけます。 ワークショップの様子(6.6MB)もご覧いただけます。
 

page 1
TOP > art school > > ワークショップレポート プラレール
Copyright (c) log All Rights Reserved.